英会話の効率的な勉強法を伝授!独学でできるおすすめ教材は?

英会話の効率的な勉強法を伝授!独学でできるおすすめ教材は?

英会話の効率的な勉強法を伝授!独学でできるおすすめ教材は?

 

 

 

英会話のリスニングやスピーキングができるようになるためには、どういった勉強法が有効なのでしょうか?その条件は、「簡単な英語を大量に吸収すること」と「話す機会をつくること」の二点に尽きます。

 

まず「簡単な英語を大量に吸収すること」ですが、ポイントは「簡単な」と「大量に」という部分。よほど専門的な、あるいはスラングまみれの会話でない限り、日常的な英会話というのは簡単な表現がほとんどです(日本語でも一緒ですよね)。また、やはり知識としてある程度の量を頭の中に入れていないと、アルファベットだけ聞き取っても瞬時に理解することはできません。

 

もう一つ「話す機会をつくること」ですが、やはり自分で声を出さないと覚えられませんし、会話の場慣れもできませんよね。吸収した英語を意識的に使える機会があればベターです。覚えてすぐ使えた方がいいですからね。

 

そうした意味で英会話スクールというのはよい方法はありますが、費用がかさむのが悩みどころです。できれば独学で英会話が身につけば、それにこしたことはありません。

 

そこで、今回の記事では効率的な勉強法で進められる、独学用のおすすめ英会話教材を二種類ご紹介します。「○○するだけでマスター!」というわけにはいきませんが、真面目にこなせば驚くほど英会話が上達するのは間違いありません。ぜひ、ご参照ください。

 

 

 

1, 英語ぺらぺら君初級編

 

「簡単な英語を大量に吸収すること」「話す機会をつくること」という観点から見て、最もおすすめできるのが『英語ぺらぺら君初級編』です。

 

まず、登場する英語表現が軒並み中学生レベルなので、スクリプトを見てちんぷんかんぷん、ということが全くありません。むしろ、「簡単すぎる(やっても意味がない)のでは?」と心配になるほどです。
しかし、簡単な英語だからと言って瞬時に自分の口で使える表現だというわけでもありません。英語ぺらぺら君初級編で目指すのは、ただ内容を理解するにとどまらず自分で使えるようになることです。中学生レベルの英語でも、使いこなせるようになれば英会話レベルがぐっと上がるのは前述の通りです。

 

もう一つ、CD教材にもかかわらず必ず話す機会を設けているのが、この教材の大きなメリットです。ある場面の会話で一つのレッスンが成り立っているのですが、レッスンの最後には学習者がロールプレイングのように会話を発声する練習があります。これによって、記憶が定着しやすくなるとともに、表現を自分で使えるレベルにまで持っていくことができるのです。

 

このように、英会話の効率的な勉強法の条件を満たしているがゆえに、この英語ぺらぺら君初級編は最もおすすめできる教材なのです。

 

それに加えて、続けやすさにも最大限の配慮があります。まず、テキストがない点です。CDの中で解説してくれるため、テキストを必要としません。バスや電車の中や病院の待合室などの外出時でも、かさばるテキストなく快適かつ気軽に学習を進めることができるのです。分量も1レッスン15分ほど。これなら、すき間時間を学習時間に充てられますよね。

 

英語ぺらぺら君初級編は、30レッスンで終了します。一日1レッスンとしても、たった一カ月で完了する計算です。しかし、終わらせることを意識するあまり表現の定着がおろそかになってしまっては本末転倒。ぜひ何度か繰り返し学習して、出てくる表現を全てマスターする心意気で取り組んでください。

 

頻出表現ばかりですから、マスターできた暁には英語に対する「慣れ」と「自信」を手に入れることができますよ。ぜひ、二〜三カ月を目安に真剣に取り組み、自分でも驚くほどの英会話力を手に入れましょう!

 

【内容】CDスクリプト9ページ、CD8枚(約10時間)
【おすすめ対象】英語初心者(目安はTOEIC300〜400点ほど)、英語に慣れたい人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

 

2, 英語ぺらぺら君中級編

 

英語ぺらぺら君初級編が終了したら、次はぜひ『英語ぺらぺら君中級編』にチャレンジしてみましょう。テキストがなくCDで完結、リスニングとスピーキングの練習がいっぺんにできるなど、基本的なコンセプトは初級編と全く同じです。そのため、取り組む際に勉強法を試行錯誤する必要がなくてラクです。

 

英語ぺらぺら君中級編は、1レッスン30分ほどかかります。これが30レッスンありますので、分量としては初級編のほぼ倍ということになりますね。分量が多くなる分、マスター後の英会話力上達度合いも大きいです。
ちなみに、英語のレベルはせいぜい高校生ほど。それでも、意外なほど多様な使い方があると知ることができるでしょう。知っているからといってレッスンを飛ばすようなことをせず、自分でスムーズに口から表現を出せるようになるまで繰り返し練習してください。

 

初級編と比較して特徴的なのが、1レッスンで一つの表現を取り上げ、どんな場面でどのように使用するかを示している点です。特定の場面にこだわることなく、汎用性の高い表現の応用方法を学べますから、自分で使ってみたくなること間違いなしです。

 

30レッスン分の表現を吸収できれば、その時には「英会話初心者」から脱することができているでしょう。日常会話に戸惑うことはほとんどなくなり、海外での食事や買い物、旅行などを楽しむ余裕が生まれているはずです。

 

英語ぺらぺら君中級編は、「英語を楽しめるようになりたい」というあなたのためにうってつけ教材ですよ。

 

【内容】CDスクリプト16ページ、CD16枚(約16時間)
【おすすめ対象】英語初心者〜中級者(目安はTOEIC400〜600点ほど)、簡単な英語もパッと口から出てこない人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

 

英会話学習が初めての人におすすめの教材『英語ぺらぺら君』の中身とは?