英会話が本当に上達する教材はこれ!口コミから分かるそのすごさとは?

英会話が本当に上達する教材はこれ!口コミから分かるそのすごさとは?

英会話が本当に上達する教材はこれ!口コミから分かるそのすごさとは?

 

 

 

英会話を上達させるためには、自分に合った教材を選ぶことが最も大事です。勉強しているつもりなのに英会話ができるようにならない人のパターンの一つとして、教材のレベルと自分の英語力とがマッチしていないことがあります。

 

コツは、自分が文字になったものを読んで「少し簡単かな」と思う程度のものを選ぶことです。間違っても、「少し難しいかな」というものを選ぶべきではありません。目で読んで難しいということは、実際に音声を聞いたり発音したりしてみるともっと難しく感じられるということです。多くの人が、自分の英語力よりレベルの高い教材を選んで挫折してしまっています。

 

もう一つのコツは、すき間時間を含めて自分の生活の中で英語に触れる時間を増やすことです。週数時間の勉強時間でも英会話スクールのレッスンは先に進みますし、教材も終わらせることは可能です。しかし、実際の英語に触れている時間が少なすぎて、とても英会話を上達させることはできません。

 

したがって、英会話上達のために選ぶべき教材は「自分の英語力より少し下のレベルのものであること」「すき間時間でも学習しやすいように設計が工夫されていること」という二つの条件を満たしているものがベストです。今回の記事では、そうした条件を満たす教材『英語ぺらぺら君初級編』『英語ぺらぺら君中級編』の二つをご紹介します。

 

 

 

1, 英語ぺらぺら君初級編

 

英会話の学習を始めたばかりの人や、数ヶ月先に海外留学・旅行を控えている人には『英語ぺらぺら君初級編』がおすすめです。レッスン内容はまさしく海外旅行を舞台にしているので、実際に旅行に行った時に使える実践的なフレーズばかりを手っ取り早く習得することができます。

 

また、旅行も留学もないけれど英語の日常会話を学びたいという人にも大変おすすめです。CDの中でフレーズの発声練習や、会話のロールプレイング練習をする機会があり、いやでも自分で発音しながらレッスンを進めます。この「自分で発音する」というのが、英会話を学ぶには最適の勉強法なのです。
教材から学習者に質問を投げかける「クエッショニング」という学習方法が取り入れられており、この点が他の通販教材と英語ぺらぺら君初級編の大きく異なる点になっています。話すことで知識の定着を促すのです。

 

通勤・通学の電車やバスの中でも学習しやすいのも英語ぺらぺら君初級編の大きな特徴です。なんと、この教材にはテキストがありません。スクリプトはありますが、あとはCDがあるだけ。テキストに記載されているような会話や解説は全てCDの中で行なってくれますから、混雑した車両の中で紙のテキストを抱える必要がありません。

 

しかもレッスン時間は1レッスン15分ほど。これなら、通勤・通学中でも1レッスンは終わらせることはできますよね。車両の中でレッスンを進め、自宅に戻ってから復習する、というスケジュールを守れば、理屈の上では30日でレッスンが完了します。この学習しやすさも英語ぺらぺら君初級編のメリットでしょう。

 

最終的な目標は、登場するフレーズを全て暗記し、外国人から話しかけられた時に使用できることです。何となく進めても効果は薄いですから、全てマスターするつもりでがんばって終わらせるようにしましょう。

 

なお、ネットの口コミでは「実際の会話での反応力や瞬発力が養われる」「何回も復唱の部分があるので覚えやすい」など、高い評価が並んでいます。やはり、聞くだけではなく話させるスタイルを取っていることに対する評価がよいようです。

 

逆に「簡単すぎる」という声も多いのですが、これは自分のレベルに合っていないか、背伸びをしているだけの可能性が高いです。はじめに述べたように、簡単すぎるようでも地道に取り組んだ方が結局は早く上達します。知っている表現でも、実際に使えるかどうかは別問題です。本当に英会話を上達させたければ、話しかけられた時に無意識に(英文を頭の中で考えなくても)話せるようになるまでやりこみましょう!

 

【内容】CDスクリプト9ページ、CD8枚(約10時間)
【使用すべき対象】英語初心者(目安はTOEIC300〜400点ほど)、英語に慣れたい人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

 

2, 英語ぺらぺら君中級編

 

何度も繰り返し初級編に取り組んだら、次は『英語ぺらぺら君中級編』に進むことをおすすめします。レベル的に初級編のほんの少しだけ上という程度なので、スムーズに移行できます。レッスン形式は初級編と同一なので、戸惑うこともありませんよ。

 

中級編では、ただ海外旅行のシチュエーションだけに留まることなく、さまざまな場面で使える汎用性の高い表現をいくつも学びます。これによって、習得した英語を自分で応用する力が身につきます。例えば単語を入れ替えたり、英文を少しアレンジしたりと、TPOに合わせて表現を変えることができるようになります。

 

分量は1レッスン30分ほどを30レッスン。レッスン数自体は初級編と同じですが、1レッスンあたりの分量が倍近くにまで増えているので、見た目以上にボリューム感があります。これだけの量をマスターできれば、日常会話レベルで困ることはあまりないでしょう。相手の話の内容をきちんと聞く余裕が出てきますし、結果的に会話を楽しむことができるようになります。

 

あとは、自分の目的に応じて学習を続けるだけです。英語ぺらぺら君初級編・中級編の土台があれば、上達速度はかなり上がります。英語を学ぶことで、コミュニケーションをとれる相手の数が数十億人へ増加します。ビジネスやプライベートなどにおいて、自分の人生を変える出会いがあるかもしれませんよ。英会話が上達するというのは、そういうことなのです。

 

【内容】CDスクリプト16ページ、CD16枚(約16時間)
【使用すべき対象】英語初心者(目安はTOEIC400〜600点ほど)、簡単な英語もパッと口から出てこない人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

 

英会話学習が初めての人におすすめの教材『英語ぺらぺら君』の中身とは?