英会話教材のおすすめは?初心者向けの鉄板教材はこれだ!

英会話教材の中で通勤・通学中に効率よく日常会話を学べるのはコレだ!

英会話教材のおすすめは?初心者向けの鉄板教材はこれだ!

 

 

通勤や通学のバス・電車の中で、英語のリスニングの勉強をされている方を多く見ます。受験はもちろん、仕事でも英語の必要なケースが増えていますから、学校で受けてきた英語教育だけではなく自分で英会話教材を選択し、コツコツと勉強する必要性は上がるばかりです。

 

英語教育を受けてきた日本人が弱いのはリスニングとスピーキングであるとよく言われますよね。そして特に弱いのが、簡単な英語表現しか使われないはずの日常会話です。英字新聞を読めるくらい英語の読み書きには自信があるのに、日常会話レベルの言葉を聞き取れない、ましてや自分から英語で話しかけるなんて、という日本人が多いのです。

 

それもそのはずで、世にあふれる英語教育や英語教材には、日常会話ができるようにならないだけの理由が二つあります。一つは、表現が難しすぎること。もう一つは、会話の練習の機会が欠けていることです。日常会話なんて、正直なところ中学生レベルの単語の組み合わせでしかありません。そのレベルの会話の練習が欠けているから、場慣れしておらず日常会話を聞き取れない、話せないということになるのです。

 

今回の記事では、上記の二つの欠点を補う教材をご紹介します。ポイントは、通勤・通学の交通機関の中で、日常会話レベルの表現をたっぷり練習できる英会話教材であるということです。ぜひご参照ください。

 

 

1, 英語ぺらぺら君初級編

 

一つ目は「英語ぺらぺら君初級編」です。この教材の特徴は、「初級編」と銘打つだけあって簡単であること。目安としては、TOEIC300〜400点ほどのレベルの方が対象でしょうか。英単語のレベルは中学生ほどで、教材の中のスクリプトを見てみるとどこかで習ったことのあるような表現ばかりなのではないかと思います。

 

中には「簡単すぎる・・・」と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これでよいのです。文章を読んでも、辞書や英文法の参考書が手元にないと理解できないようなリスニング・スピーキング教材は難しすぎるのです。特に日常会話について言えば、簡単な英語を組み合わせる力と、聞き取る・話すための「瞬発力」が肝心です。

 

英語ぺらぺら君初級編は、この二つの力を効果的に養う格好の教材です。スクリプトはあってもテキストはありません。英語での会話→日本語の解説→単語の聞き取りと発音→会話のロールプレイングが全てCDの中に含まれています。英語表現を吸収し、自分で会話練習するところまで配慮してくれていますから、日常会話ができるようになりたい方には特にぴったりですね。
レッスンの場面も入国審査やホテルのチェックインなど誰もが経験するシチュエーションばかりなので、実践性が高いです。会話を丸暗記して使っても通用するくらいですよ。

 

CDしかない、ということで覚えるべき言葉を復習できないのでは、とお思いかもしれませんが、実はCDの中で復習の機会を設けています。あるレッスンで習った言葉が、後のレッスンでいきなり復習すべき言葉として出てきます。安心して、レッスンを続けられます。

 

テキストがないということで、自宅以外でも使いやすいのも地味ですが無視できないメリットです。かさばるテキストを混んだ電車やバスで開くのは気が引けますよね。ちょっとしたすき間時間で、気軽に英語の学習に取り組むことができます。1レッスン15分ほどですから、分量的にも無理がありません。

 

本当に続けやすくて、それでいて続ければ確実に効果の出る教材。それがこの「英語ぺらぺら君初級編」です。英語にコンプレックスを感じている方こそ使っていただきたいですね。

 

【内容】CDスクリプト9ページ、CD8枚(約10時間)
【おすすめ対象】英語初心者(目安はTOEIC300〜400点ほど)、英語に慣れたい人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

2, 英語ぺらぺら君中級編

 

英語ぺらぺら君初級編のよいところを挙げてきましたが、欠点がないわけでもありません。それは「簡単すぎる」ということ。本当に中学生レベルの表現しか使われていませんので、少し勉強してきた人にはすぐに物足りなくなってしまうかもしれません。そんな方には、この「英語ぺらぺら君中級編」をおすすめしたいと思います。

 

この英語ぺらぺら君中級編も、レベルとしては初級編より少し上という程度で、そこまで難しいというわけではありません。しかし、それでも表現の種類の多彩さ、ボリュームの多さから全部マスターするには歯ごたえのある内容となっています。ただ、通勤・通学時に学習できる英会話教材であるところは初級編と変わりません。

 

この英語ぺらぺら君中級編では、表現を自分で応用できるようになる力をつけることができるようになります。初級編では入国審査やホテルのチェックインなど、具体的なシチュエーションに即したレッスンが中心でした。
中級編でもそうしたレッスンはあるものの、初級編とは違ってWhenやbecauseなど、超頻出表現を使って自分の感情や説明したいことを表現できるようになるためのレッスンが中心となっています。表現の応用力に重点が置かれているというわけです。

 

英語ぺらぺら君中級編は30レッスンあります。この30レッスンに繰り返し取り組んでマスターできれば、日常会話で困ることはほとんどなくなるでしょう。あなたを「いつまでも聞けない・話せない英語初心者」から脱却させてくれるのがこの教材です。

 

【内容】CDスクリプト16ページ、CD16枚(約16時間)
【おすすめ対象】英語初心者〜中級者(目安はTOEIC400〜600点ほど)、簡単な英語もパッと口から出てこない人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

 

 

英会話教材のおすすめは?初心者向けの鉄板教材はこれだ!