英会話の基本・基礎を学べる口コミで評判の良い教材はどれ?

英会話の基本・基礎を学べる口コミで評判の良い教材はどれ?

英会話の基本・基礎を学べる口コミで評判の良い教材はどれ?

 

 

英会話を学ぶというと、とにかく英会話スクールやオンライン英会話に申し込んで話す機会をたくさん作ればよいという風潮がありますよね。もちろん、これは間違っているわけではありません。語学というのはスポーツと似たようなもので、練習を重ねて経験を積むことでしか上達しないからです。

 

しかし、一つ落とし穴があります。それは、基礎がないと話す機会を作ってもあまり意味がないということです。野球のルールも知らずキャッチボールもできないのに、実践形式の練習をしても仕方がない、というのは理解できますよね。
しかし、こと英会話となると自分の英語力の見極めもしないで、いきなりネイティブとの会話(=練習試合)に臨もうとする人が後を絶たないのです。

 

スポーツも英会話も、基本・基礎が大事です。まずは独学で、英文法と英単語をインプットしましょう。そして、英語のリスニング力を鍛え、相手の話したことが理解できる領域まで到達しましょう。ここまで来てはじめて、実際の会話に臨む意義が出てきます。

 

そこでこの記事では、独学で英文法から英単語、リスニングの基礎を学べる評判の良い教材を二種類ご紹介します。クオリティの高い教材をチョイスして、しっかりと練習してから試合に臨んでくださいね。

 

 

1, 英語ぺらぺら君初級編

 

『英語ぺらぺら君初級編』は、英会話の基本・基礎からしっかり学びたいと考えている方が手に取るのに最も適した教材です。

 

ポイントは、CDの中に詳しい英会話の解説(日本語です)が流れるということ。テキストを見ながら英語を聞く、という目と耳両方を集中させる必要がなく、聞くことだけに集中できます。解説もわかりやすいので、英会話の意味が分からないということはありません。意味が分かるから、英語表現も理解しやすいです。

 

また、レッスンの最後には実際に自分で発声をする練習があります。会話の登場人物になりきって、「会話」のロールプレイングを行なうのです。英語を学ぶ上では、実際に発音することがとても大切です。レッスンのCDをただ聞くだけでそういった練習の機会を設けてくれるので、あまり余計なことを考えることなくレッスンの内容自体に集中できます。

 

このように、やるべきことに集中できる英語ぺらぺら君初級編のスタイルはとても効率的と言えます。実際、口コミを見るとこの英語ぺらぺら君初級編は初心者の方に大変評判の良い教材です。中級者以上のレベルとおぼしき方からは「簡単すぎる」という声もあるようですが、それはむしろこの教材が基本・基礎の定着に大変適していることを証明するものです。

 

三日坊主で終わらせないための工夫も多いです。例えば、英語ぺらぺら君初級編には通常の意味のテキストがありません。解説は全てCD内で完結しているので、テキストは不要なのです。英会話の内容を書き起こしたスクリプトはありますが、あまり手に取る必要もないでしょう。
したがって、自宅だけでなく通勤・通学時に学習しやすいです。混んだ電車の中で、かさばるテキストを抱えて勉強するのはしんどいですし、気まずいですよね。昔は解説を自分でカセットに吹き込むという苦労をしたものですが、今ではそんな苦労は全く必要なくなりました!

 

また、復習に配慮しているのもこの教材の特徴です。どうしても以前のレッスン内容は忘れてしまいますよね。英語ぺらぺら君初級編では、以前学習した英語表現が後のレッスンでいきなり出てきます。CDを聞いているだけで復習までできてしまうというのは画期的なシステムではないでしょうか。

 

英語ぺらぺら君初級編は、一日15分ほどのレッスンを30日続ければ完了します。しかし、内容を本当にマスターできれば、英会話の基本・基礎は習得したも同然ですよ。

 

【内容】CDスクリプト9ページ、CD8枚(約10時間)
【おすすめ対象】英語初心者(目安はTOEIC300〜400点ほど)、英語に慣れたい人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

英語ぺらぺら君初級編 公式サイト

 

 

 

2, 英語ぺらぺら君中級編

 

英語ぺらぺら君初級編が終わった方や、英語ぺらぺら君初級編ではどうしても物足りないという方は、『英語ぺらぺら君中級編』をおすすめします。CDでレッスンが完結している点など、コンセプトは初級編と全く同一で、英語のレベルと量が上がります。

 

中級編では、分量が初級編の倍近くあります。目標は、日常会話に困らないレベルに達することです。そのために、頻出表現とその応用方法をさまざまな角度からレクチャーしてくれます。
もちろん、ロールプレイング練習も初級編に引き続き実装されていますから、自分で発声して表現に慣れていけます。レッスンで設定された場面以外でも、自分なりに表現を組み合わせたり単語を入れ替えたりして、応用できるようになればしめたものです。

 

英語ぺらぺら君中級編は、1レッスン30分ほどかかります。これが30レッスン分ですので、おそらく一周こなしただけで全ての表現を習得するのはなかなか難しいでしょう。二周目、三周目と繰り返しこなして、表現を完全に自分のものにしましょう。
ただ頭で「覚える」のみならず、身体にたたき込むイメージです。それができれば、仕事で外国人とコミュニケーションを取る機会があっても、あるいは海外旅行をする機会があっても、ある程度余裕を持ってその場に臨めるはずです。

 

ぜひ、本当に効果のある英語ぺらぺら君を使って、英語の話せる自分を手に入れましょう!

 

【内容】CDスクリプト16ページ、CD16枚(約16時間)
【おすすめ対象】英語初心者〜中級者(目安はTOEIC400〜600点ほど)、簡単な英語もパッと口から出てこない人、旅行や日常会話をマスターしたい人

 

 

英語ぺらぺら君中級編 公式サイト